前へ
次へ

日本人が学習して中国語を習得する優位性

中国語を身に付けただけでビジネスチャンスが広がることはアドバンテージといえるでしょう。確かに、中国にあたっては、過去には工場がたくさんあるというイメージでした。一方中国は現在では世界各国の中で恐ろしく大きいマーケットとなっています。横に中国という超大国があるというような社会環境からも、サラリーマンなら中国語を自分のものにしない手はないといえます。 中国のカルチャーを学習しコミュニケーションをとれれば、信用性を手に入れることが困難ではありません。それに加えて、日本国内の文化が分かっている日本人の位置づけで中国人と首尾よく協議が可能な人材は国内法人においても実りある存在になりますから、中国上で業務を展開する法人なら、揃えておかなければいけない働き手です。更に、漢字が判っている日本人からすれば中国語はマスターしやすいといえます。 簡体字や繁体字の相違するところはありますが、言いまわしは漢字になります。開始から漢字というベースがある日本人は、学習して自分の物にする上で有利になります。

Page Top